田舎の主婦がスカイプを使ってパート並みに稼いだ話

スポンサーリンク
こんにちは。

今回は私の起業活動初期時代から
スカイプを使ってパート並みの収入を得た頃の
お話しをしたいと思います。


初めての育児と仕事の両立に疲れ、イライラが募っていた日々


長男を出産後、パートに復帰した私は
初めての育児と仕事の両立に
心も身体も疲れきっていました。

働きやすい職場で上司も
子育てに理解ある方だったのですが
子供の発熱などで仕事を休んだり早退したり
自分のペースで仕事や家事が進まないストレスに
日々イライラが募っていったのです。

「どうにかしたい。」と思いながらも
どうすればよいのかさっぱり分からなかった私。

それでも周りの協力を得ながらパートを続けるうちに
2人目を授かったことが分かりました。

産休育休制度を利用できる環境の中、
私が選んだ結論は「退職」でした。
2人目を授かったのを機に家庭に入ろうと思ったのです。


2人目を無事出産。さぁ、これからどうする?


スポンサーリンク



パートを退職し、2人目となる長女を無事出産。

長女の夜泣きも落ち着いてきて
夜ぐっすり眠れるようになった私は
今後の事について色々考えるようになりました。

長男の時のように
パートなどの短時間で働きに出るか、
それとももうしばらくは専業主婦として子供達と共に過ごすか。

そのいずれも私は「Yes」とは言えませんでした。

パートに働きに出ると
長男の出産後の時ような
ストレスフルな状態を再び繰り返す事になると
確信していましたし
専業主婦として子供達とずっと一緒に過ごすという姿も
想像できるものではありませんでした。

そんな中、ネットで色々情報を検索する中で
「起業」という道があることを知ります。

「ママでも起業して自分で仕事できる」という情報は
当時の私にはまさに天から差し込んだ光のように
眩しく神々しいものでした。


勇気と胃痛を伴って起業講座に参加してみた


ネット上にはたくさんの女性向け起業講座があり
最初は迷いに迷ったのですが
「この方から学びたい!」と
ピンときた女性に出会い
その方から起業講座を受講しました。

起業については本やネットなどで
色々情報を集めていましたが
実際に対面での起業講座の参加は初めてで
受講当日は緊張していて
やたら胃が痛かったのを今でも覚えています。


スカイプを使って自宅で収入を得れるらしい


スポンサーリンク



起業講座でたくさんアドバイスが飛び交う中で
私がもらったアドバイスの1つは
「スカイプを使って自宅で収入を得る」という内容でした。

私は関西の田舎住まいで
地元でお茶会やセミナーなど開催しても
集客は非常に難しい環境です。

そんな中、スカイプを使えば
住んでいる場所に関係なく
ネットさえあれば世界の方と繋がる事も
可能となる、と教わったのです。

当時はスカイプを使って
何かをするというイメージが
さっぱり湧かなかったのですが
とにかくやるしかないと色んな方に連絡を取って
スカイプを使ってお茶会など
次々と企画開催していきました。


次第にお誘いの声がかかるようになり、収入も上がっていった


最初は「加してくれませんか?」と
私から参加を呼び掛けていたのですが
活動を続けていくうちに
「次はいつ開催しますか?」、
「私も呼んでくれませんか?」など
次第に周りの方からお声をかけてもらえるようになり
1回あたりの参加費用も段々上がっていきました。

また「スカイプで仕事をするやり方を教えてください。」との
ご希望をいただき
有料で講座を開催していくうちに
気が付けばスカイプを使って
自宅に居ながらパート並みの収入を得ていました。


とにかくまずはやってみる


スポンサーリンク



当時はスカイプを使って
同じような事をしている人が他にいなかったので
まさにブルーオーシャン状態でした。

非常にラッキーだったと思うし、
アドバイスをくださった講師さんには
ずっと感謝の気持ちでいっぱいです。

もちろんうまくいくことばかりではなく
集客につまずいたり
交渉に悩んだりと眠れない日もありました。

今振り返れば
もっと上手なやり方や効率の良いやり方があったのに…と
悔やむ事もありますが
とにかくがむしゃらにトライした経験は
私の人生を大きく変えました。


自分で決めて自分で収入を得るのは楽しい


個人事業主として自分で仕事をしていくとなると
上司はいませんし、業務マニュアルもありません。

今日何をするのか、
これから何をしていくのか
全て自分で決めていくことになります。
収入がグンと上がる月もあれば
大赤字になる月もあります。

全て自分の采配で決まるのです。

その自由さは楽しく、時には怖く感じます。
それでも自分で決めて収入を得るのは楽しいものです。

ちなみに私の仕事用の通帳に
最初に入金された金額は2,000円でした。
小学生のお年玉よりも少ない金額ですが
それでも私にとっては
初めて自分で得たかけがえのない2,000円です。

在宅での仕事を続けてきて思うのが
学ぶ→実践する→結果を得る
この3つを素直に繰り返し続けた人が
道を開いていけるのだという事です。

前に進む速度は人それぞれ。
小さな一歩でも進んで行けば必ず結果に繋がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする