メルカリで売れた後の対応はネットショップを参考にするべし。

メルカリで5万円稼ぐ考え方

今回はメルカリで商品が売れた後の対応について書いていきます。

メルカリで商品が売れた後、取引ページ上で出品者と購入者は

お互いにメッセージを送り合うことができます。

特にメッセージを送らなくても取引はできますが

一般的には簡単なサンキューメッセージを送り合うことが多いです。

 

このメッセージにどういった内容を書けばよいのか

悩む出品者さんは多いと思いますが

そういう時に参考になるのが楽天などのネットショップで商品を購入した際に

ネットショップから送られてくるメール内容です。

 

ネットショップから送られてくるメールのパターンはザックリ分けると

①購入の御礼+出荷予定日の連絡

②出荷のお知らせ+追跡番号の連絡

の2個です。

上記の内容を参考にしてメルカリでのメッセージ例を書いてみます。

 

【購入後】

出品者:「ご購入いただきありがとうございます。発送は〇日を予定しております。

どうぞよろしくお願いします。」

購入者:「購入させていただきました。どうぞよろしくお願いします。」

【発送後】

出品者:「本日発送しました。追跡番号は△△です。(追跡番号がある場合)

商品が届きましたら内容をご確認の上、評価をお願いいたします。」

購入者:「ありがとうございます。商品の到着を楽しみにしています。」

【到着後】

購入者:「本日受取りました。素敵なお品をありがとうございました。」

(評価欄にてお礼コメントをくださるパターンも多いです。)

 

100件近くメルカリの取引を実際に体験してみて

こういうパターンでのメッセージのやり取りが多かったです。

もっと簡単なケースもありますし、

もっと丁寧なメッセージをくださるユーザーさんもいました。

 

上記にも書いたようにメッセージが無くても取引はできますが

メッセージが無いと不安を感じる人がいたり

メッセージが無いことで評価を下げるユーザーもいますので

取引を円滑にするマナーとしてもメッセージを送ることをおすすめします。

この購入後のメッセージのやり取りで

相手への印象がかなり違ってきますので

お互いに顔が見えないとはいえ丁寧な言葉を使う方が良いです。

 

メルカリ出品上級者は購入後のメッセージ内のやり取りで

「次回購入時には割引させていただきます。」などの

リピート戦略を取っている方もいるようなので

売上を上げるためのクロージングの場としてもメッセージは活用できますね。

(あまりにも露骨なセールスは逆効果ですが。)

 

メルカリはあくまでも個人対個人の売買の場ですので

敬語の使い方が多少間違っていても気にする必要はありません。

相手に感謝の気持ちを伝えたい!という思いを持って言葉を選んでいけば

自然にその思いは伝わると思います。

 

たまにタメ口や「?」な言葉使いでメッセージが来る時もありますが

そういう場合にも冷静に形式的にメッセージを返すことで

意外と素直に応対してくれることが多いので大丈夫です。

 

メッセージ内容を書くのに最初は手間取るかもしれませんが

定型文にしてメモ帳に保存しておけば

コピペして何度でも繰り返し使えるようになるので楽ちんですよ。

ぜひ上記の例を参考にオリジナルメッセージを作ってください^^

 

スポンサーリンク