集客媒体の種類が増えすぎて使いこなせない時の考え方

こんにちは。

今回は集客のために使う
媒体について書いてみます。

集客媒体が増えすぎて追いつけない

FacebookにTwitter、
インスタグラムにGoogle+、
アドワーズ広告にYDN、
ブログにホームページに
LINE@…。

ネット上だけでなく
オフラインのチラシなども含めると
数十種類もの集客方法が
存在します。
時間も予算も限られている
身としては
「一体何をどうすればいいのやら…。」
と混乱してしまいますよね。

そんな時の私なりの考え方を
まとめてみます。

どの媒体も結局、基本は一緒

ネット上のツールであれ
オフラインのツールであれ
その媒体も結局のところ、
基本は一緒です。

その基本とは
『人がいる場所(媒体)に
自分の存在をアピールして
自分に興味関心を持ってくれた人を集める』。
これに尽きます。

で、各媒体で行う事も
基本は一緒です。

集めたいお客さまに向けて
情報をコツコツ配信して
フォロワーを増やしていく。
そして最終的には
メルマガやLINE@への登録を促して
中長期的な関係性を
構築していく。
こういうパターンです。

ですので基本のパターンさえ
理解できれば
あとは各ツールの操作方法が
分かってしまえば
ある程度何とかなってしまうものです。
(もちろん、その媒体によって
ユーザー層が違うので
アプローチの方法は若干違ってきます。)

集客媒体は大体、後から自動ツールが登場する

ここからはちょっとした
ぶっちゃけ話になるのですが
SNSなどネット上の集客媒体には
大体後から自動ツールが開発されます。

また、各SNSでは
ビジネス向けサービスも
準備されていますので
これらを使うことによって
ある程度の自動化も可能になります。

ですのでどの媒体も
全て自分が手作業で更新をする必要は無い、
という事です。

新しい集客媒体が登場すると
「最新〇〇集客法!」とか
「〇〇集客で100万円達成!」など
情報がどんどん出てくるので
つい「新しい集客方法を
学ばなければ!」と
心が揺らいでしまいますが
焦らずにまずは一呼吸してください。

ツールやSNSは淘汰が激しく
最初は盛り上がったものの
半年くらいで消滅するツールもあります。

私たちに必要なのは
新しいツールを使いこなす知識ではなく
利益です。

下手に次々と新しいツールに
飛びつくよりも
既存のお客さまと関わる時間を
増やす方が
実は利益に繋がりやすいものです。

集客媒体の多さに
混乱してしまった時は
「今、必要なのは何か?」という事を
ぜひご自身に問いかけてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする