30記事のブログと100記事のブログ。どちらのブログの方がPV数が多いと思いますか?

こんにちは。

突然ですがあなたに質問があります。
私が書いた30記事のブログと100記事のブログ。
どちらのブログの方が
PV数が多いと思いますか?

答え


30記事のブログと100記事のブログ。
PV数が多いのは
30記事のブログでした。

どちらのブログもSNSなどで
シェアは一切しておりません。
検索からのアクセスが9割を占めます。

一見すると100記事のブログの方が
30記事のブログに比べて
記事数が3倍以上もあり
PV数も比例して多くなるように思いますが
現実は全く違いました。

30記事のブログが
100記事のブログにPV数で勝ったのです。
その差は多い日だと10倍ほどの
差がつくこともあります。
その理由を自分なりに分析した結果
見えてきた答えは「読者視点」でした。

読者視点の有無の違い

スポンサーリンク


ブログの具体的な内容は伏せますが
30記事のブログは
「読んでもらう事」を意識して
記事のテーマや内容を決めて書きました。

一方、100記事のブログは
私がその時思いついたことを
何も考えずにただただ書いたものです。
いわゆる日記ブログというものです。
テーマも内容もバラバラで
「読んでもらう事」という視点を
全く入れていませんでした。

この読者視点があるかどうかで
記事数に3倍以上の差があるにも関わらず
結果、PV数に大きな差が出たのです。
(広告収入にも差が出ています)

もちろん、ブログのテーマや文字数、
ブログサービス、ライバルサイトの有無など
諸々の要因はあると思うのですが
これは大きな発見でした。

画面の向こうには誰かいますか?

パソコンや机に向かって仕事をしていると
ついつい「相手」の存在を忘れてしまって
「自分中心」の視点に
なってしまう事がよくあります。

もちろんプライベートでは
それでもよいのですが
ビジネスとなると
「自分中心」の考え方は非常に危険です。

30記事と100記事のブログという
小さな媒体ですが
読者視点、相手視点の大切さを
数字を通じて気づく事ができました。

あなたのブログはいかがでしょうか?
あなたのブログの画面の向こうには
読んでくれる「誰か」が
ちゃんといるでしょうか?

私自身もこの視点を繰り返し
肝に銘じていこうと思います。

毎日の更新を必要としないブログの作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする