在宅ワーク歴4年目のアラサー主婦です。在宅で収入を増やすアイデアや集客に繋がるブログのコツを中心に書いています。

menu

在宅で働くママのライフスタイル確立術

もう起業女子に「キラキラ」は不要なのか?

こんにちは。

昨年、朝の情報番組で「キラキラ起業女子」が
特集され一気に注目を浴びた時期がありました。

番組の細かい内容は忘れてしまいましたが
最終的に「起業女子ってイタイよね」という
マイナスの印象だけが残ったと感じたのは
私だけではないと思います。

今回の記事では
「キラキラ起業女子」に対する
私の考えを書いてみます。

 

キラキラ起業女子は好きですか?

単刀直入に言いますと
私は起業女子と呼ばれている人達の事が
好きです。

私自身はキラキラしていない地味女子wなので
キラキラ楽しそうな起業女子たちの存在は
ある意味うらやましい存在であり
元気をもらえる存在です。

私自身、起業初期の頃に
いわゆる起業女子界隈の方達に
お世話になった時期がありまして
その頃に感じた印象と
例の情報番組で紹介されていた
「キラキラ起業女子」の内容は正直
ちょっとズレているなぁと感じました。

私がお世話になった起業女性たちは
もう少し地に足がついている
印象だったんですよね。

まぁ、番組的には盛り上がるような
切り取り方をする必要もあるでしょうし
そのあたりは仕方がない部分もあると思います。

 

「キラキラ」していようが売れないモノは売れない

スポンサーリンク


キラキラ起業女子がイタイと思われる理由として
「起業にキラキラなんていらねーだろ」という
ツッコミがあります。

確かに直接ビジネスと関係ないような
キラキラプロモーションも見かけますが
例えキラキラ感を演出していても
売れないモノは売れないでしょう。
キラキラはあくまでも
要素の1つに過ぎないのではないでしょうか。

結局はお客のニーズと
商品サービスが合致していれば
(もしくは合致しているように見えたら)
売れるというシンプルな話です。

この辺はキラキラどうこうというよりも
セールスライティングや
商品構成などによる要素も
強いかもしれません。

 

キラキラして売上が上がるならそれでOK。ただし…。

個人的には
顧客に価値を提供し続けることができるのであれば
今後もキラキラし続けても良いのでは?と思っています。
(あくまでも「顧客への価値提供」は
絶対条件です。)

起業している女性は
外見に気を配っているキレイな方が多いです。
顔写真をアップすることで売上に繋がる方も
一定数いらっしゃいますので
キラキラまではいかないまでも
自分自身を前に出すことは
そこまで悪い事ではないと思います。

冒頭の情報番組の関係で一時期より
自撮りなどにマイナスの印象を持つ方が
増えたような気がしますが
結局はキラキラであれ自撮りであれ
自分のビジネスにとって
必要なのかどうか自分で見極める
という事に尽きるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事

無料メルマガ

プロフィール


二郷(にごう)

3児育児中のアラサー在宅ワーカーです。
在宅でコツコツ収入を得ています。


詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ