在宅WEBライターとしてまず月1万円コンスタントに稼ぐコツ

こんにちは。

今回の記事では在宅でWEBライターとして
まず月1万円をコンスタントに稼ぐコツについて
書いてみます。

WEBライター初心者はまずクラウドソーシングを使おう

初心者がWEBライターとして
活動を始めるのであれば
私はまずクラウドソーシングを利用することを
おすすめします。

クラウドソーシングをおすすめする理由は
すでにそこに仕事があることと、
報酬が口座に振り込まれるまでの
インフラが全て整えられていることです。

すでに何かしらのビジネスをされている方であれば
分かると思うのですが
一人の人間が仕事を受注するためには
営業や集客のスキル、人脈などが必要になります。
また、スキルが付いたからといって
すぐに仕事が受注できるわけでもありません。
クライアントを見つけることができなければ
収入にも繋がらず
結局WEBライターとしてのキャリアを
積むことができません。

その点、クラウドソーシングを利用することで
すぐに仕事に取り掛かることができるので
収入にも繋がりますし
WEBライターとしてのキャリアも
積んでいくことができるようになります。

報酬も口座をあらかじめ設定しておけば
指定された日に入金してもらえますし
未払いの心配もありません。

報酬は安めの傾向にありますが
初心者としてキャリアを積むには
かなり使いやすい環境の1つだと思いますよ。

おすすめは「タスク形式」のライティング案件

私が今、登録してちょこちょこ利用しているのが
クラウドソーシング大手の
クラウドワークスです。

それではクラウドワークスを例にして
WEBライターとして
月1万円をコンスタントに稼ぐコツを
解説していきます。

クラウドワークスで仕事をするには
「プロジェクト形式」、「コンペ形式」、
「タスク形式」の3種類があります。

ざっくり説明しますと
「プロジェクト形式」はクライアントと
まずもろもろ契約を交わしてから
その内容にそって一定期間お付き合いして
仕事をするやり方です。

「コンペ形式」はその名の通り
相手の依頼に対して自分の作品を提案して
採用されれば報酬になるやり方です。

「タスク形式」は
単発の案件だけをこなして報酬を得るやり方です。
特に契約書なども交わしません。
まさに1日だけの単発バイトのような感じですね。
(詳しくはクラウドワークスのこちらのページ
解説されています。)

私がこの3つの中でおススメしているのが
「タスク形式」です。

報酬の面で考えると「プロジェクト形式」の方が
まとまった金額が得やすいのですが
プロジェクト形式の場合、
スカイプや電話などでの打ち合わせ、
メールでの連絡のやり取りなど
ライティング以外の業務も含まれていることもあり
その手間や時間がちゃんと
報酬に反映されているかというと
ちょっと微妙な案件もあります。

その点、タスク形式は
記事のみ書けば報酬に繋がるので
サクッと収入に繋げたい方には
向いているやり方だと思います。

コンスタントに稼いでいくためのタスク案件の探し方

そのタスク形式のライティング案件で
1万円をコンスタントに稼いでいくには
まず極端に安い案件には手を出さない事です。


こういう数十円の案件は
もちろん最初はやってみてもいいんですけど
正直時間がもったいないです(-_-;)

できるだけ1件1,000円越えの報酬の案件のみに
集中して取り組みましょう。

1,000円超えの案件を探すには
クラウドワークスのトップページから
「仕事を探す」→「タスク」をクリックすると
タスク形式の案件がズラッと表示されます。

次に「すべてのタスク」の下にある四角の中を
「金額が高い」に選択すると
報酬金額の高い順番に並び変わります。

報酬が高いということは
それだけ儲かりやすい記事ネタだということなので
報酬だけでなく
記事のジャンルにも注目してくださいね。


例えばこの案件は1,000円越えているんですが
文字数に対して報酬が安めです。
(1文字辺り0.36円弱)


こちらは1文字辺り1.08円と
比較的良心的な報酬を
提示されているクライアントさんです。
このように報酬金額だけでなく
必要な文字数も必ずチェックして
文字単価を割り出す習慣を身につけてください。

募集案件の内容と報酬をチェックして
自分が書ける内容であれば
即取り掛かってみましょう。

タスク形式の場合、
システム利用料金として
報酬の20%が差し引かれますし
あと振込手数料も差し引かれるので
だいたい1,400円くらいの報酬の案件を
10件こなせば手元に1万円入る…という
計算になりますね。

2日に1件のペースでこなしていけば
月に10件書くのは
そんなに難しくない現実的な数字だと思います。
もちろんこなす案件数を増やせば増やすほど
報酬も上がっていきます。

1記事を書く早さは個人差がありますが
2000文字くらいだと
慣れてくれば1時間~90分くらいで書けるように
なってきますよ。

最初は自分の書ける記事のジャンルと
募集されている案件のジャンルが
一致しないこともよくあることです。

ですがWEBライターさんによっては
高単価の案件の仕事を採るために
高単価のジャンルの内容を自ら勉強して
高単価の案件の記事を書いて
どんどん報酬を上げている人もいらっしゃいます。

「高単価のジャンルは分からないから
安い案件しかできない」と諦めてしまうのか
「高単価の仕事をするために自ら学ぶ」のか。

これはそれぞれ個人の考え方によって
判断が分かれるところでもありますね。
あなたならどちらを選択しますか?

というわけで今回は
クラウドソーシングを利用して
コンスタントに月1万円稼いでいくコツについて
解説してみました。

クラウドワークスの詳細はこちら。↓↓


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする