個人事業主のブログは入り口を沢山作るイメージで作ると成功しやすい

こんにちは。

今回の記事では集客における
ブログの役割について
書いてみようと思います。

ブログの役割は「入口」である。

個人事業主がブログで集客をする場合、
ブログは入口の役割があるといえます。

あなたという存在を
知ってもらうための入口であったり
あなたの商品サービスを
知ってもらうためのきっかけとなる
役割となります。

では出口は何でしょうか?

個人事業主のブログにおける出口とは
商品サービスを
購入してもらう事です。

例えばあなたがネイリストであれば
お客さまに来店していただいて
ネイルの施術を受けてもらうことが
1つの出口となります。

ビジネスで収入をアップさせる
1つの方法として
扱う商品数を増やすという手段がありますが
個人事業主の場合、
1人で仕事をしていることが多く
商品数を増やして
収入を増やし続けるという方法は
時間も手間も分散されてしまうので
あまり現実的ではありません。

個人差はありますが
3~5種類、多くても10種類ほどの
少数精鋭の商品サービスを
扱っている人がほとんどではないでしょうか?

ブログ記事の1つ1つを
この少数の狭い出口(商品サービス購入)に繋がる
導線にするという意識で作っていくと
ブログに書く内容がブレにくくなっていきます。

少なくとも
「今日は寝坊しちゃいました♡」なんて
どうでもいい記事を書く気は
起こらなくなるでしょう。

SNSを使って「入口」をさらに増やしていく

スポンサーリンク


入口を増やす方法として
SNSも忘れてはいけません。

Facebook、Twitter、Youtubeなど
媒体を増やせば増やすほど
たくさんの入口を増やすことができます。

例えばブログ記事を100記事書いた場合、
ブログだけだと入口は100個ですが
SNSなどを組み合わせることによって
入口を200個にも300個にも
増やすことができるようになります。

SNSは無料で使えるものがほとんどなので
使わない手はないです。

またSNSは予約投稿や
ブログとの連携などもできますので
最初にある程度の設定をしておけば
半自動で更新をし続けることが
できるようになるので
時間が限られている個人事業主にも
ピッタリです。

ブログを書く方向性に悩んだ時や
アクセスの集め方に悩んだ時は
この「入口と出口」という考え方を
ぜひ思い出してください。

毎日更新しなくてもお客さまを集め続けるブログの作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする