個人事業主の集客ブログは専門用語よりも人が検索で使う言葉で書いた方がアクセスが集まりやすい。

こんにちは。

個人事業主がブログで集客をするには
専門用語を使うよりも
読者がネットで検索する時に入力する言葉を
使ってブログを書く方が
アクセスを集めやすいです。

集客ブログは検索されている言葉で書く。

集客に繋がるブログを書く時は
あなたが使っている言葉ではなく
読者が検索する時に使う言葉を
使って書かないと
読者はあなたのブログの存在に
気づくことができません。

仕事の経験が長くなるほど
その業界にどっぷり浸かって
専門用語を使うことに慣れていきますが
ブログに書く場合、
読者に理解できる言葉で
表現しなければ
せっかく時間をかけて書いた記事も
読まれる可能性が低くなります。

ではどうすれば
読者が検索で使う言葉が分かるのでしょうか?

ネットで検索されている言葉はネットで調べよう。

スポンサーリンク


読者がネットで使っている言葉は
ネットで調べるのが一番です。

ここでは代表的な無料ツールを紹介します。

goodkeyword
関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
キーワードプランナー

いずれのツールも
自分の商品サービスに関連するキーワードを
枠の中に入力することで
世の中の人々がどんな言葉を使って
検索をしているのかが
データとして見ることができます。

例えばあなたがネイリストで
ネイルに関連する記事をブログに書く場合、
goodkeyword
「ネイル」と入力したすると…

ズラッとネイルに関連する
キーワードが表示されます。

これだとちょっと見えにくいので
右側の
[表示されたキーワードをすべてコピー ※重複キーワードは削除済]
というところから一括でコピペして
メモ帳に貼り付けると
かなり見やすくなります。


こんな感じになりました。

具体的な内容は実際にご自身で
チェックしていただきたいのですが
専門用語はほとんど
使われていません。

読者は自分の知りたい情報を調べに
ブログに来ているので
自分の理解できない難しい言葉が
書いてあるページは
即閉じられます。

このツールで出てきたキーワードを
使うことで
お役立ち記事や
悩み解決系記事を書くときも
読者が知っている言葉で
表現することができるようになります。

私はもう少し詳しいデータが欲しいので
有料のツールを使っていますが
個人事業主が集客目的で使うのであれば
今回ご紹介した無料ツールで十分です。

マイナーな職種はズラして書くことも必要

ネイリストの場合は
かなりメジャーな職種なので
キーワードも見つけやすいですが
人によってはマイナーな仕事を
されている方もいらっしゃると思います。

そういった場合は
どストレートに職種名のキーワードで
記事を書くのではなく
ちょっと視点をズラして書く必要も出てきます。

例えば包丁などの刃物を研ぐ職人さんの事を
「刃物研ぎ」や「研ぎ師」と呼ぶらしいのですが
あまり一般的な言葉ではありませんよね。

研ぎ師さんがはたして
ブログで集客したいかどうかは
私には何とも言えませんが
いずれにしても大事なのは
「いかに読者目線で書くことができるか」
ということです。

ネットの答えはネット上に
転がっていることがよくあるので
ぜひ今回ご紹介したツールを使って
「人が使う言葉」を見つけてください。

毎日更新しなくてもお客さまを集め続けるブログの作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする