ブログを書く時間がない個人事業主は人に書いてもらうという選択肢を選んでみては?

集客できるブログの作り方

こんにちは。

個人事業主が集客をするには
ブログを書くと良いと分かっていながらも
どうしても時間的に厳しい人がいます。

「書くネタも決まっているし
本当にあとは書くだけなんだけど
とにかく時間が無いんだよ(>_<)」と
ムキーッと叫びたいくらい
いっぱいいっぱいになる時って
あるんですよね。

そんな時の解決策の1つとして
今回は他人にブログ記事を
書いてもらうという
選択肢を紹介しようと思います。

 

1.クラウドソーシングでライターを募集する

他人にブログ記事を書いてもらう
一番オーソドックスな方法として
クラウドソーシングを使って
ブログライターを募集するという方法があります。

例えば私も登録している
クラウドワークスでは
「美容系記事のライターさん募集」、
「育児系記事のライターさん募集」など
ジャンルを絞ってライターさんを
募集しているクライアントをよく見かけます。

例えばあなたがネイリストだとしたら
元ネイリストのライターさんを募集して
お役立ち記事を書いてもらうという
方法もありますし
悩み解決系の記事を書いてもらうことも
可能です。

クラウドソーシングの場合、
相場が割と低めに設定されていることが多く
安くたくさん記事を書いてほしい場合に
向いている方法だといえます。

ただ、一方で悪質なライターだと
他のサイトなどからコピペした記事を
納品されるというケースもあり
コピペチェックなどの確認作業が
別途必要となることもあります。

 

2.知人に書いてもらう

スポンサーリンク


意外な方法かもしれませんが
知人に書いてもらうのも
1つの選択肢です。

「1記事〇円払うからちょっと書いてくれない?」
という感じで知り合いから頼まれて
嫌な顔をする人はあまりいないと思うんですけど
いかがでしょうか?

知人に頼む場合は
その道の経験者や専門家以外であれば
トレンド(流行)ネタの記事を
サクッと書いてもらう方がいいですね。

もちろん記事を書いてもらった報酬は
しっかりお支払いして
領収証などもちゃんと用意しておきましょう。

 

3.プロのライターさんに書いてもらう

最後はプロのライターさんに
書いてもらうという方法です。

プロのライターとして独立して
ホームページで集客している方もいますし
クラウドソーシングなどで
依頼を受け付けている
ライターさんもいます。

1,2の方法と比べると
金額は高くなりますが
基本的なライティング技術など
品質の高さはNo.1です。

資金に余裕がある方は
この方法が一番おすすめです。

いずれの方法でも
だいだい30記事~50記事程度
書いてもらえば
十分ブログのアクセスアップに
繋がります。

まずはどういうテーマで
記事を書いてもらうのかなど
詳細をこちらで決めておくことが大事で
さらにマニュアルを用意しておくと
お互いにやり取りもスムーズに
できるようになります。

ブログを書く時間を確保するのが
どうしても難しい方は
ぜひ参考にしてください。

 

毎日更新しなくてもお客さまを集め続けるブログの作り方

 

スポンサーリンク