個人事業主のブログはプライベート記事よりもまずお役立ち記事を充実させていくほうが濃い読者が集まりやすい。

集客できるブログの作り方

こんにちは。

個人事業主が
ビジネス用のブログを書いていく場合、
プライベートの記事よりも
仕事の受注に繋がる
お役立ち記事を充実させて書いていく方が
中長期的にアクセスが集まりやすいです。

 

ブログは「誰が書いているか」ではなく「何が書いてあるか」から始まる。

 

例えばあなたがネイルを新調したいと思って
近くのネイルサロンを検索した時に
ランチの写真や
「今日もみんなに感謝♡」など
日記やつぶやき記事しか書いていない
ネイルサロンAのブログと
今年のネイルのトレンドや
自宅でのネイルケアの方法など
ネイルについて詳しく情報を書いてある
ネイルサロンBのブログがあった時に
AとBのどちらのネイルサロンに興味を持ちますか?

新規のお客さまをブログから集客する場合、
まず必要なのは
食べたランチの写真やつぶやきではなく
あなたの商品サービスに関連する情報です。

ブログの場合、
「誰が書いているのか」は後で良くて
「何が書いてあるのか」が重要なのです。

すでに一定数のお客さまや
読者さんがいる場合は
プライベート記事も熱心に読まれますが
ブログ集客という意味では
やはりお役立ち記事の充実が優先です。

 

ブログのアクセスの集まり方は2種類ある。

スポンサーリンク


次にブログ集客を考えるうえで
どのようにブログにアクセスが集まるのかを
見ていきましょう。

ブログのアクセスの主な集まり方には
受動的な集まり方と
能動的な集まり方の2種類があります。

受動的な集まり方というのは
偶然そのブログ記事が目に入ってきて
何気なく読んでしまう…というような
集まり方の事です。

SNSでのシェアとか
アメブロの読者登録繋がりなどが
この受動的な集まり方になります。

特徴としては
短期間でアクセスアップに繋がりやすいこと。
ただし、効果は短いです。
さらに「なんとなく目に入ったから読んだだけ」という
関心の薄い読者も多いため
高いアクセス数を保ち続けるには
こまめな更新が
必要となるケースが多いです。

 

一方で能動的な集まり方とは
読者が自ら「〇〇という情報が知りたい」と
グーグルなどの検索エンジンなどで
検索をしてブログやホームページに
たどり着くという集まり方です。

特徴としては
アクセスが集まるまでに時間がかかること。
特にブログ開設初期は
悲しくなるほどアクセスが集まりません。
ただし一旦アクセスが集まりだすと
中長期的に粘り強くアクセスを集めてくれます。
また比較的ブログの内容に関心の高い読者が
集まりやすいので
リピートして読んでもらいやすく
アクセス数も安定しやすいのが特徴です。

個人事業主がブログを運営する場合、
この2種類のアクセスの集め方を
意識しておくとよいでしょう。

 

受動と能動を組み合わせると最強

受動的なアクセスの集まり方は
即効性はあるけど効果は持続しない、
能動的なアクセスの集まり方は
中長期的な効果はあるけど即効性が無いなど
それぞれメリットデメリットがあります。

ですがこの2つを組み合わせることによって
お互いのデメリットを
うまくカバーすることができます。

例えば自宅でできるネイルケアなど
しっかりとお役立ち記事を書いて
それをFacebookページや
Twitterなどでシェアすれば
その日からすぐに
アクセスを集めることができますし
その一方で
中長期的に検索からのアクセスも見込めます。

さらにFacebookやTwitterは
自動で投稿してくれる機能もあるので
まとめて投稿設定をしておけば
あとは自動でブログ記事を
どんどん投稿してくれます。

「ツールは嫌い」、
「自動投稿は機械的でなんか嫌」と
ツール系を嫌う人も
一部いらっしゃいますが
『集客の入口を増やす1つの方法』と考えると
そんなに悪い方法ではないんじゃないかなと
個人的には思います。

リアル店舗集客でいうと
地元新聞に広告を掲載するという
イメージが近いでしょうかね。

いずれにしろ
適当な内容のブログ記事では
集客どころかアクセスも集まりにくいです。

まずは商品サービスに関連する
お役立ち記事を充実させることで
濃い読者さんを集められるブログに
育てていきましょう。

 

毎日更新しなくてもお客さまを集め続けるブログの作り方

 

スポンサーリンク