複数の在宅ワークを同時進行でやるためにはどうすればいい?

在宅ワークの始め方

こんにちは。

今回の記事では複数の種類の在宅ワークをするには
どういう方法で取り組んでいけばよいのかを
考えてみます。

知識や労力が必要なので
正直ハードルが高いですが
長い目で見るとチャレンジする価値は
あると思いますよ。

 

まず自分が何をするのかを選ぶ

 

まずはとにかく自分が何の在宅ワークをするのかを
決めましょう。
それによって準備する道具や
必要な知識もかなり変わってきます。

クラウドソーシングで仕事を受注するにしても
ライティングやデザイン、
発送梱包作業など仕事の種類は多岐にわたります。

在宅ワークの種類は
ものすごくザックリ分けると
デザインや知識など形の無いモノを扱うか
服などの形のある物を扱うか
最終的にだいたいこの二択になります。

【1.形の無いモノを扱う仕事】
・ライティング系⇒ブログ記事作成など

・デザイン系⇒HP、チラシのデザインなど
・データ扱う系⇒データ入力、経理など
・知識系⇒コンサルティングなど

【2.形のある物を扱う仕事】
・物販系⇒アクセサリー販売など
・作業系⇒梱包など

こんな感じに分類できます。

実際に具体的な仕事はさらにここから
細分化して決めていくことになるのですが
まずはこの中から自分ができること、
興味関心があることをピックアップしてください。

 

例えば私の場合、
物を扱うのがあまり好きではないので
物販系は選びません。
梱包の仕事も選びません。

次に私はデザインができないので
デザイン系の仕事も候補から外します。
データ入力も苦手なので
こちらも候補から外します。

残るはライティング系の仕事と
コンサルティング系の仕事となりました。
コンサルティング系の仕事は
かなり難易度が高いので候補から外します。

という事で
私の場合は最終的にライティング系のお仕事という
結論になりました。

こんな感じでご自身のできる仕事、
やってみたい仕事の方向性を決めていきましょう。

 

相性のいい在宅ワークの組み合わせを考える

スポンサーリンク



 

次に相性のいい仕事の組み合わせを考えます。

限られた時間の中で複数の仕事をこなすには
ただがむしゃらにやるだけでは
効率が悪いです。

やたら時間と労力がかかって
下手したら身体を壊しかねないので
先に効率の良い組み合わせを考えておきましょう。

基本的に先ほど紹介した二択の中の仕事は
お互いに相性がいいケースが多いです。

例えば1の形の無いモノを扱う仕事の場合、
デザイン系の仕事と
デザイン関係のコンサルティングの仕事を
組合わせることができますし、
経理の仕事と
お金関係のライティングの仕事を
組合わせることもできます。

形のある物を扱う仕事の場合でしたら
梱包の仕事をすることで
実際に売れている商品や
世の中のトレンドが分かりますので
その情報を自分の物販に活かすという事も
可能になってきますよ。

 

初心者はまず一点集中。

このような感じで
複数の在宅ワークの組み合わせは可能ですが
初心者がいきなり同時進行で始めると
ほぼ100%挫折します。

まずは一点集中で始めて
ある程度の経験と知識を蓄えてから
組み合わせていく方がスムーズです。

キャッシュポイントは複数持っていた方が
やはり安心感が大きいので
ぜひ長期的な視点で取り組んでみてください。

 

スポンサーリンク