らくらくメルカリ便での発送がおすすめ!

さて、私はメルカリで売れた商品は

必ず「らくらくメルカリ便」を利用して発送しています。

今回は私が「らくらくメルカリ便」をおススメする理由を書いていきますね。

※ちなみにメルカリ公式のらくらくメルカリ便のページはこちらです。

らくらくメルカリ便

【らくらくメルカリ便をおススメする理由】

1.宛名書きが不要

発送の手続きをする際にメルカリのアプリ内で

簡単に配送用の2次元コードが作成できます。

後はその2次元コードを端末などに読み込ませるだけで

専用の送り状が匿名で作成できるので伝票を手書きする必要がありません。

書く必要がないので書き損じや

住所の書き間違いなどのヒューマンエラーが発生しません。

2.送料が全国一律

一般的に送料は距離が近いほど安く

距離が遠くなればなるほど送料は高くなりますが

らくらくメルカリ便を使えば

発送先が北海道であろうが沖縄であろうが

同サイズ全国一律の送料で発送することができます。

メルカリの場合、送料込みで出品することが多いので

送料一律で送れることによって利益の計算がスムーズにできます。

また、送料は販売利益から自動で差し引かれるので

発送する際に現金などで支払う手間が不要です。

3.対応サイズが多い

A4サイズの小さい商品から160センチサイズの大型の商品まで

幅広いサイズの商品を発送することができます。

各サイズ毎に料金設定が明解なので利益計算もスムーズにできます。

またメルカリの画面上から自宅集荷の手配もできるので

いちいちクロネコヤマトに集荷依頼の電話をする必要はありません。

集荷に来てもらう場合、

集荷手数料としてにつき1件につき30円(税込)が発生しますが

コンビニやクロネコの営業所まで行って端末を自分で操作する手間や時間を考えると

30円は安いと私は考えています。

ちなみに集荷手数料は販売利益から自動で差し引かれるので

いちいち現金を用意して払う必要はありません。

残念ながらA4サイズのネコポスだけ集荷は対応していないので

ファミリーマートやサークルK、

もしくはクロネコヤマトの営業所に行くしかありません。

ネコポスも集荷に来てもらえたら

メルカリは完全に在宅ワーク化できるんですけどね。(残念…。)

4.取引画面上で配送状況が確認できる

通常、宅急便などで荷物の配送状況を確認するには

クロネコヤマトや日本郵便などのサイトを開いて荷物の追跡番号を入力する必要がありますが

らくらくメルカリ便を使うことで

出品者も購入者もメルカリの画面を見るだけですぐに荷物の配送状況が確認できるので

購入者に追跡番号の連絡をする手間が不要となります。

5.匿名で配送ができる

上記の1.でも書きましたが専用の2次元コードを作成して

コンビニやクロネコヤマトの端末に読み込ませるだけで

匿名の送り状を作成することができます。

お互いに住所や氏名を教えなくても発送ができるので

個人情報保護の観点から考えても安心して取引することができます。

一般的なネットショップの場合、

事業者が個人情報の扱いに対してルールを設けているので悪用されるリスクは低いですが

メルカリはあくまでも個人対個人が商品を売買する場ですので

メルカリ上でのルールはあるものの

やはり自分の個人情報は自分自身で守るのが最善です。

トラブルが起きたメルカリの取引相手に対して

名前や住所からSNSなどのアカウントを特定して

嫌がらせをしてくる悪質なケースもあるようなので

個人情報の取り扱いについては十分に配慮が必要です。

6.トラブル発生時に補償がある

発送中に荷物が紛失したり商品が破損した場合などメルカリが商品代金を補償してくれます。

配送ミスで購入者に届かないなどのトラブルが発生した際も

メルカリのアプリ内のお問い合わせフォームからメルカリに連絡を入れれば

メルカリがクロネコヤマトに確認を取って折り返しメッセージで連絡をくれるので

わざわざ自分でクロネコヤマトに電話やメールで

配送状況を問い合わせする手間も時間も不要です。

以上が私がらくらくメルカリ便をおススメする理由です。

送料の安さだけを考えると他にも安い配送方法は確かにあるのですが

荷物の追跡や補償が無いために

購入したものの商品が届かずに代金だけ支払って終わったり

荷物の配送状況について取引相手や配送業者に何度も確認を取ったり…など

目に見えないコストや時間を使うことになるリスクがあります。

日本の配送サービスそのものはとても優良で

誤配送や配送中の破損などレアなケースだと思いますが

配送トラブルの可能性はゼロではありませんし

メルカリユーザーの中には

自分の住所を正式に登録しない人が一部いるため

住所不明で届けられない…という経験が私自身にもありました。

長くなりましたがまとめると

・伝票を書く手間や出荷の手間のコスト

・配送料など金銭のコスト

・個人情報を守る安心面のコスト

・配送トラブル発生時のコスト

…などトータルで考えて私はらくらくメルカリ便をおススメしてします^^


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする