どんな資格を取れば在宅ワークができますか?

在宅ワークの始め方

こんにちは。

「在宅ワークを始めたいけれど
何か資格を持っていた方がいいの?」、
「もしかしたら特殊なスキルが無いと
在宅ワークってできないのかな?」など
在宅ワークと資格について
疑問を持っている人は多いですよね。

例えばこれが会社の求人であれば
「車の普通免許」とか「簿記2級」とか
会社側がはっきりと持っておいた方がいい資格を
教えてくれますが
在宅ワークを始めるとなると
それを教えてくれる相手がいません。

今回は「在宅ワークと資格」について
私の考えをまとめてみます。

 

資格は必須ではないが役に立つ場面はある

 

結論から申しますと
士業などの専門資格は除いて
在宅ワークにおいて資格は必須ではありません。

重視されるのは実力です。
どんなに立派な資格をたくさん持っていても
依頼された仕事の完成度がショボければ
即契約終了です。

どんなにたくさん料理関係の資格を持っていても
作った飯がマズければ
食べてもらえないのと一緒です。

ただし、資格を取ることで役に立つ場面は
色々あります。

例えばクラウドソーシングなどで
自分のプロフィールや経歴を書く場合、
「普通免許」だけの人よりも
簿記や医療事務など複数の資格が
書いてある人の方が
「色々と勉強をしてきた人」という
印象を持たれやすいです。

資格ネタは実はお金に繋がりやすいネタなので
ライティングの仕事にも結びやすいですよ。

また在宅ワークをする上でクライアントと
Excelなどでデータのやり取りをする場面も
出てきますし
ある程度まとまった収入になると
確定申告をする必要がでてきますので
簿記の資格もかなり役に立ちます。

このように資格を持っていても
実力が無ければ評価されないですし
その一方でそれなりに役に立つ場面もあるという
何ともふんわりした感じです(笑)。

 

あえて在宅ワーク向けに資格を取るなら?

スポンサーリンク



 

個人的には在宅ワークを始めるに向けて
新たに資格を取る必要はないと思いますが
その一方で
「それでもやっぱり何か資格を取っておきたい」という
人の気持ちもよく分かります。

私も勉強が大好きですから。

なのであえて在宅ワーク向けに資格を取るとしたら
どんな資格がいいのかを考えてみました。

1.Excel(MOS)
⇒在宅ワークに限りませんが
Excelは割と使用頻度が高いソフトなので
勉強をしておくと何かと役に立ちます。
単に「Excelが使えます」と言うよりも
「Excelの資格を持っています」と言う方が
信用されやすいでしょう。

2.日商簿記
⇒先ほども書きましたが確定申告をする際に
簿記の知識があるとかなり役に立ちます。
簿記は3級~1級までありますが
自分の確定申告をするレベルであれば3級で十分です。

3.Illustrator、Photoshop
⇒こちらは資格というよりも操作スキルですね。
デザイン系の仕事をしたい方には必要だと思います。

 

…あれ?
3つしか出てきませんでした(*_*)

やはり在宅ワークの場合、
求めらるのが資格よりもスキルが強いので
「この資格があれば間違いない!」という
万人に共通する資格が無いのが正直なトコロです。

あとは何を仕事にするかによって
必要なスキルが大きく変わるので
目的別に資格やスキルの勉強をしていく必要があるでしょう。

 

目的も無いまま「資格ありき」で在宅ワークを始めるのはちょっと遠回りかも。

 

資格をいくつも取って武装したい気持ちも
分からなくはないですが
資格と仕事が直接結びつくことは
意外と少ない事もあるので
「この仕事がやりたい!」とまだ決まらないうちは
まずクラウドソーシングなどで
募集されている今の自分にできる案件を
こなしていく方が確実に収入に繋がります。

すでに何かしらの資格を持っている方は
新たに資格を取るのではなく
すでに持っている資格を活かす方が
結果が早く出るかもしれません。

ある程度クラウドソーシングなどで
経験を積むことによって
自分の向き不向きや関心なども分かってきますので
特定の資格を実際に取りに行くのは
その後でもいいと思います。

「それでも今すぐ資格を取りたい!」という方は
気になる資格講座の資料を取り寄せてみて
どんな内容が学べるのか
自分に本当に必要なのかリサーチしてみてください。
何か見えてくるものがあると思いますよ。

そういえば在宅ワーカー向けの資格ってあるの?大手通信講座を調べてみました。

 

スポンサーリンク