在宅ワークをするにはタイピングが早くないと無理?パソコン歴10年の私の経験とおすすめのタイピング練習方法。

在宅ワークの始め方

こんにちは。

今回の記事では在宅ワークをするなら
タイピングの技術やタイピングの早さが必要なのか
という事について書いてみます。

スマホが普及している今、
パソコンの扱いやキーボード操作に
不安を感じる人は一定数いらっしゃるようですね。

でも実際のところ、
そんなに深く悩む必要はないですよ。

 

ぶっちゃけ早さはそんなに重要ではない

 

在宅ワークの仕事内容にもよりますが
タイピングの早さはそんなに重要ではないです。

そりゃあ、早いに越したことはないのですが
タイピングが遅いからといって
在宅ワークができないかというと
そんなことは全くありません。

在宅ワークでガンガン稼いでいる人でも
文字入力は指一本でポチポチ押しているとか
意外とありますからね。

障害があって身体が思うように動きにくくても
文字入力がしやすいように道具に工夫をしたり
訓練を積み重ねて
入力ができるようになった方もいらっしゃいます。

「タイピングが遅いから在宅ワークは無理」とか
「タイピングが早くなってから
在宅ワークを始めよう」と考えるのは
かなりもったいないですよ。

 

 

タイピングを早くしたければとにかく文字入力を繰り返すのみ

スポンサーリンク



 

とはいえやはり
「一秒でも早く文字入力をできるようになりたい!」と
思う人は多いと思います。

私はパソコン歴がかれこれ10年くらいあるので
タイピングは早い方だと思います。

今はキーボードをあんまり見なくても
文字入力がスムーズにできますが
パソコンを使い始めたばかりの頃は
それはもう遅くて遅くて
自分でも嫌になるほどでした。

そんな中、私が少しでも
タイピングを早くできるためにしたことは
ひたすら文字入力を繰り返すことでした。

当時は今のようにタイピングの練習用ソフトなんて
あまり普及していなくて
私はWordに好きな歌の歌詞や
好きな本の内容をひたすら入力して
タイピングの練習を繰り返していました。

今思えば何であんなに必死だったのか
よく覚えていないのですが(笑)
当時はとにかく早くタイピングが
打てるようになりたいという一心で
1000本ノックばりに入力練習を繰り返しました。

今は無料のタイピング練習サイトが
色々とありますので
こういうのを利用して練習を毎日繰り返していけば
一か月後には相当入力スピードは
上がっていると思いますよ。

インターネットでタイピング練習イータイピング

 

音声入力という方法もある

 

どうしでもタイピングが苦手であれば
音声入力という方法もあります。

色んな音声入力ソフトが販売されていますが
まず無料で試したい場合のおすすめは
Googleの音声入力です。

Googleのドキュメントを立ち上げて
音声入力を選択すれば
あとはマイクに向けて話していくと
文字がどんどん入力されていきます。

漢字の誤変換や聞き取り間違いなど
後でちょこちょこと修正する必要がありますが
私が試した結果、
だいたい8割くらいの精度で
音声入力ができました。

この方法であればタイピングの遅さを
かなりカバーできますし
手の疲れも軽減できます。

 

このようにタイピング練習が簡単にできる環境や
入力の遅さをカバーできるツールは
すでに揃っています。

あとはご自身がどのように
これらを活用していくのか決めて
実際に取り組んでみるのみです。

「〇〇だから無理。難しい。」と諦めずに
まずは1つ1つトライしてみてください。

 

スポンサーリンク