主婦も自分のオウンドメディアを持つという意識を持ってみるといいと思う。

こんにちは。

皆さん、オウンドメディアという言葉を
聞いたことがありますか?

オウンドメディアとは
一般的には企業が消費者に向けて
情報を発信する媒体の事を表す言葉で
パンフレットとか公式のウェブサイトなどが
オウンドメディアと呼ばれています。

今はこのオウンドメディアは
何も企業だけのものではなくて
一般個人もそれぞれオウンドメディアを持つという
方向にどんどん進んでいます。

私はこの流れには賛成で
主婦やママも自分自身のオウンドメディアを
持つことをおすすめしています。

誰もが簡単に発信者になれる時代

10年くらい前からブログなど
個人で発信できる媒体はすでに存在していましたが
スマホの普及やSNSの利用者増に伴って
一気に誰でも簡単に発信者になれる時代となりました。

ブロガーやインスタグラマー、Youtuberなど
単なる個人媒体の発信者には収まりきらない
活躍をしている方も多数見かけます。

とはいえ、別にカリスマブロガーになる必要はありません。
他人から高く評価してもらいたいという
意識になってしまうと
発信がどんどんブレていくようになります。

シンプルに自分の考えを自分の言葉で発信する場を
1つ作るだけでよいのです。

発信者側になると非常に頭を使うようになります。

何をテーマに書こうか、
どういう風に書こうか、
写真やイラストはどういうモノを使おうか…
など沢山の事を考えて1記事1記事を書いていくのです。

記事のネタが尽きてきたら
新しいネタを探しに本を読んだり
映画を見たり買い物に出かけたりなど
積極的に情報を集めるようになります。

集めた情報をもとに
情報を整理してどう記事に書こうか考える…
という事を繰り返していくので
自然と知識が増え
情報の処理能力も向上していきます。

ママや主婦にオウンドメディアを勧める理由

スポンサーリンク


ママや主婦の立場になると
どうしても日々の家事や育児で精一杯で
これまでに得た知識や経験を発揮する場が
なかなか見つからないケースが多いです。

これが1つ自分の媒体を持つことによって
自分の知識や経験の保管場所を
作ることができるようになります。

自分の頭の中の整理や備忘録になりますし
読んだ本や買ったコスメなども記事に書いて
楽天などの広告を貼っておけば
広告収入に繋がるチャンスもできます。

育児の記録やママ友との付き合い方も
新米ママさんの参考になりますし、
保険や宗教の勧誘の上手な断り方のコツなども
知りたい人がいるでしょう。

主婦の経験は実は知の宝庫なのです。

一見、何気ない出来事であったとしても
何かしらの媒体で形にすることによって
記録となり
あなたの知らない間に
誰かの役に立つことがあるのです。

毎日の掃除や料理はその場だけのモノで
終わってしまいますが
オウンドメディアに書いた内容は
どんどん蓄積されていきます。

「ブログでガンガン稼ぐ!」となると
また方向性は変わってきますが
自分自身の記録やアウトプットの場として
1つ自分のメディアを持つと
これまでとはまた違った景色が
見えてくるようになりますよ。

無料ブログで十分です。
まずは1記事書くことから始めてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする