保育園の入園に必要なグッズは?代表的な園グッズをまとめました

保育園関係

こんにちは。

今回の記事では保育園や幼稚園などの
入園の際に必要となる
代表的な入園グッズについて書いていきます。

※自治体や園によって若干異なりますので
詳しくは自治体や園に直直接ご確認ください。

 

食事関係で必要となるグッズ

 

食事関係ではだいたいこういったグッズが
必要になります。

・コップ(プラスチック製)
・おはし、フォーク、スプーンなどのセット
・お弁当箱
・お弁当箱用のゴムバンド
・水筒
・お弁当袋など

園によってはサイズ指定がある場合もあります。
また、水筒はストロータイプや
コップに入れて飲むタイプ、直飲みタイプがあり
こちらも園によっては指定されることがあります。

 

お昼寝関係で必要となるグッズ

 

次はお昼寝で必要となるグッズです。

・敷布団、掛布団、掛カバー、布団バッグのセット
(いわゆるお昼寝布団セット)
・パジャマ
・おねしょシーツなど

こちらも園によっては
サイズ指定などがあります。
夏場はタオルケットや大きめのバスタオルで
お昼寝する園もありますので
夏用にあらかじめ用意しておくとよいですね。

おねしょシーツは園や
子供の年齢によって不要なケースもあります。

 

着替え関係で必要となるグッズ

 

続いては着替えの関係で必要となる
グッズです。

・上服(トレーナー、カットソー、Tシャツ類)
・ズボン
・肌着
・靴下
・パンツ
・濡れた着替えを入れるナイロン袋など

濡れたり汚れたりした時のために
着替え一式をあらかじめ園に置いておきます。
園によりますが大体1~2セット程度
置いておくことが多いように思います。

 

靴関係で必要となるグッズ

 

お次は靴関係です。

・上履き
・上履き用袋
・運動靴など

園によっては色柄など指定があります。
運動靴は基本はマジックテープタイプを
履かせるようにしましょう。
散歩など遠出をすることもあるので
歩きやすい靴を選んでください。

また子供の足はすぐ大きくなるので
定期的に足のサイズをチェックして
大きなサイズに買い替えましょう。

 

プール関係で必要となるグッズ

 

次はプール関係で必要となるグッズです。

・プールバッグ
・水着
・タオル
・ゴーグルなど

こちらも園によってサイズなどの指定があります。
女の子の水着はワンピースタイプ、
男の子の水着はスクール水着、
またはサーファーパンツという指定が多いようです。

タオルはフェイスタオルの園もあれば
バスタオルの園もあります。
ゴーグルは年齢によっては不要です。

 

文房具関係で必要となるグッズ

 

次は文房具関係で必要となるグッズです。

・子供用はさみ
・のり
・クレヨンなど

園によっては園側で一括購入する場合があります。
ハサミはカバー付きを指定されることが
多いように思います。
のりは液体タイプでいわゆるフエキのりタイプの
のりを指定されることが多いようです。

こういうのです。↓↓

 

手洗い関係で必要となるグッズ

 

手洗い関係で必要となるのは
ひも付きの正方形のタオルです。

市販でひも付きで売っていますし、
バイアステープと布で手作りするのも
比較的簡単にできます。

園にもよりますが2~3枚程度あれば
十分だと思います。

 

雨の日に必要となるグッズ

 

そして雨の日用のグッズです。

・傘
・レインコート
・長靴など

傘は子供の身長に合ったサイズで
反射テープが付いたものや
一部半透明タイプのものを選びましょう。

雨風が強い日は
傘が飛ばされたり曲がったりして危険なので
傘はやめてレインコートを着る方が安全です。

 

通園バッグ関係で必要となるグッズ

 

最後に通園バッグです。

・通園バッグ
・お稽古バッグなど

通園バッグは園指定のバッグを
園側で一括購入するケースが多いです。
またお稽古バッグは園によっては
サイズや素材の指定があったり
そもそもお稽古バッグ自体が不要な場合もあります。

 

入園グッズは種類が意外と多い!

 

いかがでしょうか?

ご紹介したように入園グッズはかなり種類が多く
さらに1つ1つ名前を記入したり
お名前シールを貼る必要があるので
結構時間と手間がかかります。

我が家は子供が3人いるので
入園準備にはかなり労力がかかりました( ;∀;)

とはいえ園側からサイズ、色柄など
指定があるグッズもあるので
あまりに早く購入すると無駄になってしまう事も…。

入園グッズを揃えるのは入園が確定して
園側から用品の案内をもらってからで十分ですよ。


【関連記事】

在宅ワーカーが保育園に出す就労証明書を用意する方法
保育園に提出する就労証明書にはどんな内容を書くの?その書き方は?

 

スポンサーリンク