保育園に提出する就労証明書にはどんな内容を書くの?その書き方は?

こんにちは。

今回の記事では保育園に提出する
就労証明書の内容や書き方について書いていきます。

就労証明書は
会社員やパートなど会社に雇用されている場合と
会社経営や個人事業主など自分でビジネスをしている場合の
2種類に様式が分かれているのが一般的です。

会社員など雇用されている場合は
会社の総務などに就労証明書を渡せば
会社側で必要事項を記入してもらえるので
特に問題はありません。

一方、会社経営や個人事業主など
人から雇われずに働いている場合は
自分自身で就労証明を記入、および準備する必要があります。

在宅ワーカーが就労証明書を用意する方法については
こちらの記事でも解説しておりますので
併せてご確認ください。
在宅ワーカーが保育園に出す就労証明書を用意する方法

※就労証明書の内容や書き方については
自治体や働き方によって若干異なりますので
詳しくはお住まいの自治体等に必ずご確認ください。

自営業者向けの就労証明書の主な内容

自営業者用の就労証明書に書く主な内容は

・就労者の名前
・就労者の勤務先住所
・勤務先の電話番号
・就労開始年月日
・就労時間
・休日
・事業者の氏名
・屋号
・事業者印
・仕事の業種
・おおよその収入…など。

細かい部分は自治体等によって異なりますが
大体はこういう内容を記入することになります。

ご自身が会社社長や個人事業主である場合、
自分でサクサクと必要事項を書いて
屋号印を押せば基本的にはOKなのですが
自治体によっては
地域の民生委員の署名&押印が必要な場合もあります。

自営業者向けの就労証明書の書き方

スポンサーリンク


次に上記で紹介した就労証明書の項目の書き方を
解説していきます。

・就労者の名前
⇒あなたご自身の名前を記入。

・就労者の勤務先住所
⇒別途オフィスを構えている場合はオフィスの住所を記入。
自宅で仕事をしている場合は自宅住所を記入。

・勤務先の電話番号
⇒別途オフィスや仕事専用の電話がある場合は
その電話番号を記入。

・就労開始年月日
⇒ビジネスを始めた年月日を記入。

・就労時間
⇒仕事の開始時間と終業時間を記入。
休憩時間も記入するケースもある。

・休日
⇒土日、祝祭日など仕事が休みの曜日等を記入。
月の平均勤務日数も記入するケースもある。

・事業者の氏名
⇒自身が会社経営者や個人事業主である場合は
自分の名前を記入。
夫が会社社長である場合は夫の名前を記入。

・屋号
⇒屋号を記入。

・事業者印
⇒社印や屋号印を押す。

・仕事の業種
⇒雑貨のネット通販、ネイルサロン経営など
具体的に仕事の内容を書く自治体もあれば
小売業、美容業などザックリと書く自治体もある。

・おおよその収入
⇒だいたいの平均月収を書くケースが多い。
書く必要がない自治体もある。

自営業者こそ信用が大事

自治体によっては就労証明書以外に
開業届や確定申告の書類なども
一緒に提出する必要があるケースもあります。

個人で仕事をする場合、
何となく開業届も確定申告も出さないまま
ズルズルしてしまう人がいますが
たとえ仕事の実績があったとしても
証明する公的な書類が整っていなければ
このご時世、
保育園に入園するのは相当厳しいです。

また、屋号や屋号印なども
きちんと決めて準備しておいた方が
信用度も高まります。

屋号印などはネット通販でも注文できますので
変にケチらずにちゃんとお金を出して
屋号印を作っておきましょう。

就労証明書の用紙を手に入れるには
自治体の子育て支援部署の窓口でもらったり
自治体のホームページからダウンロードできたりなど
自治体によって異なります。

お住いの自治体のホームページや
電話、窓口にてご確認ください。

【関連記事】
在宅ワーカーが保育園に出す就労証明書を用意する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする