逆の立場になって受注メールを読んでみる

こんにちは。

在宅で起業して自分がサービス提供者の立場になってから

消費者の立場でモノを買う時にも

色々と仕組みを考えるようになりました。

私はネットスーパーなど月5,6回くらいネットショッピングを利用しています。

そういう時はただ買い物をするのではなく

商品の写真はどんな大きさで撮っているのか、

支払い方法の記載内容、

受注メールにはどういった内容が書いてあるのかなど

商品そのものを購入する以外の点も楽しんで買い物をしています。

大手通販会社の受注確認メールの内容なんて

一見、いち個人事業主には関係なさそうに見えますが

ネット上で何かしら販売する立場にいる人には

欠かせない内容が詰まっています。

この辺りは個人で仕事をしていると

なかなか自分では気が付きにくいですし

指摘してくれる人もいません。

私も勉強し始めてからやっと気が付いたところがたくさんあります。

今後、このブログでもシェアしていきますね。

受注確認メールをはじめ、

ブログやホームページの表記など

自分では意識していないところで

お客さまにプチストレスを与えてしまっていることって意外とあるので

学びながらコツコツ改善していくのが

結局一番の近道かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする