サービス代金を前払いで受け取った時の対応

こんにちは。

サービス提供者にとって

代金をサービス提供前に受け取れる前払い式は

未払いを防げる安心な販売方法ですが

消費者としてはサービスが提供されるまでは不安がつきまといます。

(代金だけもらって商品を送らない、という悪徳業者もいますしね…。)

では、消費者に不安を与えないために

サービス提供者がどのような対応をするのが望ましいでしょうか。

サービス提供者は前払形式で

代金の一部、または全部を受け取った場合、

申込承諾の有無などの通知を消費者に対して行う必要があります。

—————————————

前払いで代金を受け取った時の消費者への通知内容

・申込承諾の有無

(代金を受け取る前に申込承諾の有無を通知している時はその旨を伝える)

・事業者の氏名等

・受領した金銭の全額

・その金銭を受け取った日

・申込を受けた内容(サービス内容、数量など)

・申込を受諾するのであれば、引き渡しの時期、役務の種類など

—————————————

サービス提供者によっては

代金の受領通知などを一切行わない人もいますが

消費者目線で見た場合、おのずと選択肢が決まってくると思います。

そういう私も過去にNGな対応をしていて

消費者への対応方法など学びながら

メールの受付内容やセールスページなど

何度も訂正をしてきました。

法の専門家ではない個人事業主が

いきなり対応の全てを完璧にこなすのは難しいかもしれませんが

消費者庁の特定商取引ガイド

消費者への対応や広告表示の項目などが

色々掲載されていますのでぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする