「私には何もない」と考えているあなたへ。

フリーランスのビジネスマインド

こんにちは。

「在宅で仕事をしたいけど何から始めればいいのか分からない。」、
「私には優れた才能も得意な事も何も無い。」、
「これからどうすればいいのか悩んでいる。」というような内容の
ご相談メールをいただくことがあります。

お一人お一人にお返事をお返しする時間を
確保するのが難しくなっているため
ブログ記事という形で私の想いをお伝えすることにしました。

私に直接メールを送ってくださった方はもちろん、
心の中で迷いを感じている方にも
参考になる内容かと思います。

長文になりますが最後までお読みいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク



悩みの2つの状態


ビジネスに限らず
人が迷い悩んでいる時は
2種類の状態に分かれている事が多いです。

1つ目は自分自身の問題にフォーカスできている状態。
⇒この状態の時は自分だけに視点が向いているので
自分の思考や行動を変えるだけで望む結果を得ることができます。

2つ目は自分と他人の問題がごちゃ混ぜになっている状態。
⇒この状態は自分に視点が向いている時もあれば
他人に視点が向いている時もあって
誰の何の問題から解決すればよいのか分かりにくく
望む未来を得るには時間がかなりかかります。

あなたが1つ目の状態であるならば
あなたが望む未来を手に入れるために
必要な知識を学んですぐに実践しましょう。

自分が行動すれば結果は後からついてきます。

もし、あなたが2つ目の状態であるなら
まずは自分自身の問題と自分以外の他人の問題を仕分けしましょう。

 

スポンサーリンク



それは一体「誰の」悩みですか?


私の知人を例にお話しします。

私の知人にいつも何かしら問題を抱えて悩んでいる人がいます。
その人はなぜいつも問題を抱えているのかというと
自分以外の他人の事もわざわざ悩んでいるのです。

親の事。兄妹の事。親戚の事。
友人の事。職場の人の事…。

身内ならまだしも赤の他人の問題にまで首を突っ込んで
自分の問題とごちゃ混ぜにして悩んでいるのです。
これではいつまでたっても問題なんて解決しません。

知人は極端な例ですが
意外とこういう状態になっている人は多いものです。

今、あなたはあなただけにフォーカスをしていますか?

「子供が」。
「夫が」。
「姑が」。
「上司が」。
「ママ友が」。

このような言葉が頭の中に浮かんでいる時は
自分の問題と他人の問題がごちゃまぜになっている事が多いです。

 

スポンサーリンク



他人を変えようとするよりも自分を変える方が早い


こういう状態の時に在宅で収入を得る具体的な手段を学んでも
「子供が小さいから時間がない」とか
「パソコンを触ると夫に文句を言われる」とか
「姑と同居しているので作業しにくい」とか
収入を得る手段とは直接関係の無い部分に意識が引っぱられて
なかなか良い結果には結び付きにくいです。

現在こういう状態の方は
今悩んでいるのは自分の問題なのか他人の問題なのか
まず整理してください。

紙にバーッと書き出して
それぞれ「自分」と「他人」に仕分けすれば
目に見える形で分かります。
そして「他人の問題」については一旦「保留」にして
まずは「自分の問題」にフォーカスしてください。

他人を変えようとするよりも
自分を変える方が早くて確実です。

スポンサーリンク