忙しいママこそレバレッジの利く仕組みを作って収入を得よう

こんにちは。

今日は家の用事で半日があっという間に過ぎていきました。

家庭と仕事の両立を図るために

在宅ワークを始めて約3年になりますが

何年たっても主婦というポジションは忙しいものだなぁと感じております。

スポンサーリンク



家事、育児、介護はレバレッジが効きにくい


このブログでも何度も書いていますが

家事や育児、在宅介護はそのほとんどがレバレッジが効きません。

一回食事を作ってしまえば

以後永遠に食事を作らなくていい…なんてありえませんよね?

育児も介護も同様で

同じようなタスクを何度も何年もとにかく毎日繰り返します。

それによって報酬が発生するわけでもなく

主婦である、ママであるというポジションにいるだけで

そのタスクを無償で繰り返すことが当然とされています。

経済的にも立場的にも

家事支援サービスなどが利用可能な場合は

多少時間の余裕が生まれますが

まだまだ多くの家庭では主婦が自分自身の時間と労力を使って

家事や育児、介護を担っているパターンが

多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク



主婦のお給料論争


私の感覚によると大体数年に一度くらいの間隔で

「主婦の家事労働をお金に換算すると月〇万円にもなる」という

いわゆる主婦のお給料論争が起こっています。

専業主婦が一般的であった一昔前であれば

「専業主婦なんだから家のことは無償で主婦がして当たり前」という一言で

ほぼ一蹴されていましたが

共働きが増えている今の時代には

「主婦だから」という言葉だけでは女性は黙っていません。

「私も働いて経済的に家庭に貢献しているのに

なぜ私だけが家事も育児も介護もやらなければいけないの?

家事も育児も介護も市場で価値が認められている立派な労働なのに

なぜ私は仕事でヘトヘトでも文句を言わずに無償でやり続けなきゃいけないの?」と。

夫の立場だと「仕事が忙しい」という理由があれば

家事や育児、介護からある意味免除されますが

妻の立場で「仕事が忙しいから家事も育児も介護もできない」と言い出した日には

「なんてひどい母親(あるいは嫁)なんだ!」と

それこそ非難GOGOの嵐が巻き起こるでしょう。

では、ママや主婦は黙って

仕事も家事も育児も介護も受け入れなければいけないのでしょうか?

スポンサーリンク



主婦こそレバレッジを活かして収入を得るという考えを持とう


私の考えとしては主婦やママという立場になった以上

家事や育児、介護から完全に離れることは難しいと思っています。

そして自分が家事や育児、介護をすることで誰かから報酬をもらうというのは

現実的ではありません。

(みなさん、本当は分かっているんですよね?

分かっていても言わずにはいられない。

その気持ちはとてもよく分かります。私もそうでしたから。)

あと、支援サービスなどに一部アウトソーシングをすることは可能ですが

今度はそれに対する支払いや管理という役目を担うことになります。

必ずどこかのタイミングで何かしら自分が関わる必要が出てくるのです。

では仕事を辞めて家庭に入るべきでしょうか?

あるいはフルタイムの職場を辞めてもっと短時間の仕事に代わるべきでしょうか?

私の答えは「NO」です。

今まで固定で入っていた収入を一気にゼロにしたり

減額させるのはなかなか勇気がいりますし

住宅ローンなどを組んでいる場合、家計のバランスが崩れる可能性もあります。

私がおすすめする方法は

今の仕事を続けつつ自分が動かなくても収入が増える仕組みを

小さくてもいいので複数育てていく事です。

そして将来に渡ってその数をさらに増やしていって

仕組みから生まれる収入を増やし

自分が働く時間を徐々に減らしていく方法です。

資金に余裕のある人は株でも不動産でも結構です。

お金を投資することで後はお金が働いて

コツコツと収益が上がるようにしていくのです。

株や不動産にお金を投資するのが難しい人は

知恵と時間を投資して資産型のブログを作ったり

メルマガなどを組み合わせて仕組みを作ってレバレッジを効かせて

自分が仕事や家事や育児、介護をしている間も

ネット上でコツコツ利益が生まれるようにしていくのです。

もちろんこれらの方法は

簡単にすぐに何百万も収入が増える方法ではありませんし

実践するには知識が必要です。

ですが家事や育児、介護がレバレッジが効きにくく

自分の時間や気力体力に限界がある以上、

それ以外の分野でレバレッジを効かせる方法を学んで

なおかつ収入に繋げていく方が堅実だと私は考えています。

すぐには受け入れにくい考え方かもしれませんが

1つの選択肢として参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする