主婦も自分の収入のポートフォリオを作ろう(在宅、副業)

フリーランスのビジネスマインド

今回は収入のポートフォリオについて書いていきます。

以前、他の記事で在宅ワークのキャッシュポイントについてご紹介しました。

 

↓ ご覧になっていない方は先にこちらの記事をお読みいただくと

今回の記事の理解がさらに深まります。

在宅ワーカーのキャッシュポイントはいくつある?

 

収入のポートフォリオとは

 

「ポートフォリオ」という言葉は投資など資産活用の際によく使われます。

 

例えば100万円を運用する場合、

預貯金に〇%、株式投資に〇%、金に〇%など

リスクとリターンを考慮して100万円の分配を決めていくという考え方です。

 

 

今回の記事ではこの考え方を応用して収入のポートフォリオを作り

一か所の収入だけに依存せずに

柔軟にキャッシュポイントを組み合わせていく考え方を提案をしています。

 

 

ポートフォリオの種類

 

私が考えるポートフォリオの種類は大きく分けて3つあります。

 

1.自分が稼働して入る収入

2.自分以外が稼働して入る収入

3.人からもらう収入

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 

1.自分が稼働して入る収入

 

・会社員、パート、アルバイトなど

・事務作業などの業務請負

・ハンドメイドなど商品の制作

・物販などの仕入販売

・対面セミナーや対面コンサルティングなど

 

 

自分が労働することによってお金が入ってくるのが特徴です。

逆を言えば自分が労働できなければ収入は入ってこないパターンとなります。

 

 

2.自分以外が稼働して入る収入

 

・株や不動産などの投資

・雇用やアウトソーシング

・サイト運営(広告収入)

・コンテンツ販売

・代理販売してもらう

 

自分以外の人や物が稼働してお金が入ってくるのが特徴です。

先に資本(お金)や仕組みを準備する必要がありますが

一旦形にできてしまえば

寝ていてもお金が入ってくる流れを作ることができます。

 

 

3.人から入る収入

 

・おこづかい

・物品

・相続(不動産、お金など)

 

金額の大きさや物品の種類は

人によって左右されますが見過ごせない収入です。

 

 

組み合わせは自由。ただし、1つに依存しない。

 

ほとんどの人が

会社から雇用されることで入ってくるお給料だけが

キャッシュポイントと考えがちですが

意外と組み合わせは自由に作ることができます。

 

例えばサイト運営に関しては

個人でも簡単に始めることができますし、

メルカリやココナラを使えばすぐに販売者側になることが可能です。

 

それぞれが月に数千円ずつの収入だったとしても

組み合わせを増やすことによって収入の額はジワジワと大きくなっていきます。

 

もし急に体調を崩して働けなくなった時でも

収入がゼロになる可能性を避けることができるようになりますよ。

外にお勤めに出るのが難しい主婦でも

ネットを使えば自由に収入のポートフォリオを組むことができます。

 

例えばハンドメイドが好きであれば、

ハンドメイドの商品をココナラで売る&

ハンドメイドの情報サイトを運用して広告費を得るという

2つのキャッシュポイントを持つことが可能ですよ。

 

 

考えましょう。

学びましょう。

人生は夢だらけですよ。

 

 

スポンサーリンク