在宅ワーカーのキャッシュポイントはいくつある?

フリーランスのビジネスマインド

今回は在宅ワーカーのキャッシュポイントについて書いていきます。

 

キャッシュポイントとは収入の入口の事です。

会社に勤めている人でしたら会社からのお給料、

株式や不動産などの投資をされている人でしたら配当金などが

キャッシュポイントに相当します。

 

 

では、在宅ワーカーのキャッシュポイントには

どのような種類があるでしょうか?

 

副業で在宅ワークをされている人でしたら

本業のお給料と在宅ワークの報酬との2つがキャッシュポイントになりますね。

 

在宅ワークを専門でされている場合、

ほとんどの人は今請負っている仕事だけが

キャッシュポイントだと思っている人が多いですが

実は在宅ワーカーのキャッシュポイントって結構たくさんあるんです。

 

 

在宅ワーカーのキャッシュポイントの種類

 

1.請負仕事→他人から仕事を受注する。いわゆる請負型。

2.PDF販売→在宅で仕事をするノウハウをPDFにまとめて販売。

3.動画販売→在宅で仕事をするノウハウを動画にまとめて販売。

4.有料メールマガジン→在宅で仕事をするノウハウを有料メールで配信。

5.スカイプセミナー→在宅で仕事をするノウハウをスカイプを使って有料で教える。

6.スカイプ相談→在宅で仕事をしたい人の相談に有料で乗る。

7.サイトで情報発信→在宅で仕事をするノウハウをサイトで発信して広告費を得る。

 

 

ザックリ分けると上記の7つが在宅ワーカーのキャッシュポイントとなります。

 

 

知識やノウハウを形に変えていく

 

つまり請負った仕事をして報酬を得つつ、

一方で自分の経験やノウハウを

デジタルコンテンツやセミナーなどの形に変えて販売していくのです。

 

デジタルコンテンツの良いところは

一旦完成すればたくさんの方達に同じクオリティで情報を届けることができる点です。

また、集客~販売の流れをネット上に構築することができれば

ほぼ手放して売上を上げていく事ができるようになります。

(コンテンツの集客~販売に関してはこちらの講座でお話ししています。)

 

 

個別の相談やセミナーなども

わざわざセミナー会場を設けなくても

スカイプを使えば自宅にいながら開催することができます。

 

在宅で仕事をしたいママや主婦は

育児や介護などで外出をするのが難しい方もいますので

デジタルコンテンツやスカイプなどを使って

自宅で学べる環境を作ってあげるとかなり喜ばれますよ。

 

私自身も遠出するのがなかなか難しい環境だったので

スカイプを使ったセミナーや

動画セミナーに参加してたくさんの知識を得てきました。

 

 

「コンテンツ販売やセミナーを販売するのはハードルが高い」と感じる方は

サイトやブログを自分で開設して

ご自身が持っているノウハウを発信してください。

 

グーグルアドセンスなどの広告配信サービスを利用すれば

サイトを更新しながらコツコツと広告報酬が入ってくるようになります。

 

サイトの更新を続けていくと

固定読者ができてコメントや問合せなども入ってくるようになってきますので

要望が出てきたらスカイプを使ったセミナーや

個別相談を始めるのも有効だと思いますよ。

 

 

知識やノウハウは発信しないともったいない

 

大切なのは自分の持っている知識やノウハウを

自分の頭の中だけに閉じ込めておかない事です。

 

あなたのノウハウを

PDFや動画、文字など何かしらの形に変えることができれば

それは立派な商品になるのです。

 

教科書に載っていないリアルな生の情報は

とても価値があります。

 

クライアントの情報や依頼案件の詳細など

秘密保持に関する内容は隠しつつ

ぜひあなたの知識を文字や音声などの形に変えてください。

 

 

収入面でも感情面でも何かしらの変化がおきるはずです。

ぜひトライしてください☆

 

スポンサーリンク