「在宅ワークをしている」ってママ友に言ってますか?

フリーランスのビジネスマインド

こんにちは。

先日ネットで「ママ友に内緒で在宅ワークをしたい」という内容の書き込みを見て

「ふーん。そういうものなんだ。」とちょっと意外に感じた二郷です。

 

私の場合、ママになってから新しくできたママ友というよりも

独身の頃に仲良くなった友達が

お互いママになった今も付き合いが続いているという感じなので

純粋な(?)ママ友とは若干違うのですが

在宅で仕事をしていることは友達には軽く話しています。

 

学生時代からの友達は

私が個人事業主として仕事をしているのが結構意外だったようで

「なんかビックリしたわ。」と言われました。

 

まぁ、学生の頃って

本ばかり読んでボーッとしていたからね笑。

 

 

在宅ワークの事を人にはどう説明してる?

 

私の経験上、「在宅で事務の仕事をしています。」と言っておけば

たいていの人は「あぁ、そうなんだ。」と納得してくれます。

(『事務』って言葉は強いですね。)

 

もうちょっとツッコんで聞いてくる人には

「メールの受付対応したりしているよ。」といえば

ほとんどの人はそれ以上は深く聞いてくることはありません。

 

まぁ、私が「これ以上聞かないでね。」という

オーラを出しているからかもしれませんけど(笑)。

 

 

仕事の情報はむやみに外に出さない

 

在宅で仕事をしていて

身近な人間関係でトラブルが起きちゃう人って

どうも無駄に仕事の情報をしゃべりすぎちゃっている印象があります。

 

仕事の内容とか収入の額とか

どうやって仕事を得ているのかとか無駄にしゃべってしまったばかりに

変な噂をされてしまったり

「友達だから無料で教えて。」と言われたり…。

 

在宅で収入を得る方法は確実に増えていますけど

まだまだ一般的じゃないので

「なんか怪しい事してんじゃないの?」と疑ってくるヒマ人もいたりしますからね。

 

在宅ワークって「簡単」とか「誰でも」とか

主婦が片手間で稼ぐイメージが強いのでナメて考えている人がいますが

在宅ワークも立派なビジネスですから。

 

そこは自分でちゃんと線を引いて

表に出す情報をコントロールしましょう。

 

 

ママ友に内緒で在宅ワークをしたい時はどうすればいい?

 

今はネットやスマホなどのインフラが整っていますので

人に内緒で収入を得るハードルは昔に比べて格段に低くなっています。

 

例えばメルカリで物を売る場合、

らくらくメルカリ便を使えば本名は一切出さずに在宅で収入が得られます。

 

ブログを書いて広告を貼れば

自宅に居ながら匿名で収入を得ることができますし、

クラウドワークスなどの仲介サービスを使えば

職安に行かなくても在宅でできる仕事がたくさん掲載されています。

 

あとは自分で何をするのか選択して行動するだけです。

 

最初の一歩って不安の方が大きいので

分かっていてもなかなか行動に移せなかったりするんですけど

その一歩を超えてしまえば

意外とすんなり進んで行くこともありますので

まずは最初の一歩です。

 

頑張って!

 

スポンサーリンク