起業したい人と収入を得たい人では微妙にベクトルが違いますね。

こんにちは。

私は在宅で仕事を始めて3年近くになります。

ネットを通じてお仕事をいただいているので

仕事関係で直接お会いする人は少ないのですが

数百人単位の方たちと一緒に仕事をしたり

お客さまになってくださったりと

ご縁がたくさん繋がりました。

たくさんの方と繋がっていく中で

「起業」に興味がある方と

「収入を得ること」に興味がある方では

微妙にベクトルが違うな…と感じました。

「起業」に興味のある方はなんとなくですが

起業に対する憧れを持っていて

数字やビジネスモデルよりも

キラキラとしたイメージを重視しているように見受けられます。

「好きな事で」とか「自分を活かして」というキーワードに魅力を感じやすく

数字や稼働時間など現実面を見るのが苦手な傾向があります。

「起業した自分」に満足感を覚えるので

大きく稼ぐタイプとはちょっと違うかな、と思います。

(「大きく稼がなくても満足」というパターンが多いですし。)

一方、「収入を得ること」に興味のある方は

利益率はどうなのか、もっと効率良くできないかなど

ビジネスモデルや仕組み作りを重視しているように見受けられます。

こういう方たちは「起業」よりも

「自分で稼ぐこと」の方が重要なので

最初は副業で始めてコツコツ続けていたら

本業の収入を上回ったので独立した…という感じで

「最終的に起業した」という方が多いようです。

どっちが良い悪いということではないんですが

行動に移す前に最初に自分がどちらのタイプなのか分かっておいたほうが

後々進みやすいかな…というのが私の考えです。

「起業」って極端に言うと開業届を出すと開業(起業)になるので

正直めちゃめちゃ簡単なんですよ。

私自身もそうだったのですが、

開業届を出すのって清水の舞台から飛び降りるような重大な覚悟が

必要なイメージがありましたが

開業届に必要事項を書いて税務署に持っていって

係の人にハンコを押してもらったら終了です。

特に税務署の人から身辺調査とかされるわけでもなく

「はい。ご苦労様です。」で終わります。

そういうもんです笑。

なので「起業」が目的の方は開業届を出す前は

起業を目的にすごく頑張るんですが

いざ開業届を出した後、

あっさりしすぎて拍子抜けしちゃって

「次に何したらいいんだろう」と

次の目標を見失ってしまうパターンがあります。

一方、「収入を得ること」が目的の方は

とにかく収入を得るために

お金が入ってくる行動をとっていきます。

1円、100円、1,000円、10,000円、10万円と

収入の目標がどんどん上がっていくタイプが多いので

とにかく動き続けます。

私の今までの経験なのですが

「起業」を目標にしている方は

「起業をすれば収入が入り続ける」という幻想?を

お持ちの方が多くて

「いやいや、そんなわけないでしょ。」と

ツッコミを入れたくなることが多々ありました。

起業系の講座(特に女性向け)では

ワクワクキラキラ楽しくなるような内容を話すことが多く

売上や収入がゼロという現実もある、というようなことは

ほとんど話しません。

もっとも「起業講座」という商品を売っている立場ですから

起業に対してマイナスのイメージを持たせたら

起業講座の売上に影響するという事情は分からなくもないですがね…。

「起業」や「収入」という言葉が頭に浮かんだ時、

あなたご自身は

「起業がしたいのか」「収入が欲しい」のか

どちらのタイプなのか

一度じっくりと考えてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする