リカちゃん人形を売るのも自分のサービスを売るのも実はそんなに大差はないです

フリーランスのビジネスマインド

 

先日、子供達とTVを見ていたらリカちゃん人形のCMが流れてきて

何となく見ていたのですが、ふと

「リカちゃんを売るのと自分のサービスを売るのって実はそんなに変わらないな」と

思ったので記事に書いてみました。

 

ちなみにリカちゃんは小学5年生だそうです…。

 

個人で起業して仕事をしていくとなると

「マーケティング」やら「ターゲティング」やら「ブランディング」やら

正体不明なカタカナ用語といずれ向かい合う事になります。

色んなコンサルタントさんやら

「私が業界の第一人者です」的な人が

『本当のマーケティングとはこういうことです!』と声高にそれぞれの持論を語っているので

戸惑う人は多いと思うのですが

個人的には「マーケティングの正しい意味」とか別にどうでもいいかな…と(^_^;)

 

いくら「マーケティング」の正しい定義が分かったとしても

サービスや商品が売る流れを理解して

仕組みを作らないと結局1円も利益は発生しません…。

 


で、リカちゃんの話題に戻ります


 

リカちゃん人形は人形という「物体」を売るので【物販】、

私の場合は講座など形の無い「情報」を売っているので【情報販売】という

大きなカテゴリーに分かれます。

 

物販と情報販売の場合、商品の性質が異なるので

在庫や資金、レバレッジの利き方など変わってきますが

「売る」という視点から見ると

そんなに大きな差はありません。

 

ものすごくザックリ書きますと…

 

自分の商品を知ってもらう

興味関心を持ってもらう

価値があると信じてもらう

自分に必要だと思ってもらう

欲しいと思ってもらう

買いたいと思ってもらう

「今、買おう」と思ってもらう

買ってもらう…という流れを理解して導線を作る事ができれば

物販であろうと無形の情報であろうと販売することができます。

 

もちろん「リカちゃん」や「株式会社タカラトミー」というビッグネームと

一個人事業主とでは

知名度や資金力に雲泥の差がある訳ですが

「商品を売る」という行動の軸自体は本当に大差はありません。

 


ヒントはあちこちに転がっています


 

大企業がやっている事を表面だけ見て

個人がそっくりそのままマネしても

そもそも事業規模や商品の性質が違うのでうまくいく可能性は低いですが

「TVCMではどういう情報を出しているのだろう?」とか

「ホームページにはどういうコンテンツがあるのだろう?」とか

「なんで最新カタログをダウンロードできるようにしているのだろう?」とか

「なんでリカちゃんはたくさん衣装を持っているのだろう?」とか

要素要素を細分化して見ていくと

自分のサービスとの共通点が見えて自分の仕事に応用できるようになってきます。

 

例えばこちらはリカちゃんの公式ホームページなのですが

こういう感じのホームページって個人でも十分作れますよね?

また、YouTubeでコツコツ動画をアップするのも個人でできます。

 

あとは各コンテンツの内容やコンテンツの意味を研究して

自分の場合はどうなるのか?と置き換えていけば

「リカちゃん人形」という既存の商品をヒントにして

自分のコンテンツを作ることができるようになっていきます。

 



 


固定ジャンルばかり見ていると「誰かのコピー感」が漂ってくる


 

もちろん最初は大企業をモデリングせずに

まずは自分と同じような女性起業家さんや在宅ワーカーさんをモデリングして

どういう媒体を使っているのか、とか

どういう内容を発信しているのか、とか研究すると確かに分かりやすいのですが

固定したジャンルや属性の人ばかり意識して研究していると

どうしても「誰かのコピー感」がプンプン漂うようになってくるんですよね。

 

個人的には一定期間、固定ジャンルのモデリングができたら

次は全く別のジャンルを研究してみるなど

徐々に視野を広くしていくやり方をおすすめしています。

 

これを繰り返していくと新しい視点や考え方に次々出会うことができるので

脳みそがドンドン鍛えられて退屈なんてしている暇がなくなります。

こういう事を書いていると

「意識高い系」と揶揄されそうなんですけどね(笑)。

 

サラリーマンであろうと主婦であろうと学生であろうと

知識はいくらでもつけた方がいいですし

個人でも情報発信が容易な今なら

例えばブログを収益化させる方法を学んでコツコツとブログを更新していけば

特に起業していなくても地道に収益を上げていくことができるようになります。

 

こういう情報はボーッとSNSを眺めていても

あんまりまともな形では入ってきませんし

ある程度能動的に探していかないと自分に合った情報はつかみにくいものです。

 

なんだかリカちゃんから随分話が逸れてしまいましたが

意識して情報を見てみると面白い発見があるよ、とお伝えしたくてこの記事を書きました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク