「田舎だから起業して稼げなくても仕方ない」なんて言わないよ絶対。

こんにちは。

私は在宅で仕事を始めて約3年になります。

新幹線も走っていない田舎に住んでいまして

特急列車は1時間に1本走っているかいないかというレベル。

大阪に行くには特急で往復約8時間、名古屋へは往復約7時間かかります。

(長女の後ろ姿)

起業当時はこんな交通事情の悪い状態で

どうやってたくさんの人に会って関係性を作っていけばよいのかと悩んでいたのですが

ほぼ100%ネット上でお仕事が完結している今、

当時を振り返ると随分無駄な方向にエネルギーを使っていたなーと思います。

メール、ホームページ、ブログ、SNSなどネットのツールが発達している今、

文章や動画などで自分の考えを発信して

共感してもらえた方には

さらに濃い情報を提供するという形で

どんどんと深い関係性を築き上げることが可能になっています。

私自身、在宅で起業という形をとってから

直接お会いして仕事をしたのは実は10人ほどです。

(3年間で10人という数字は結構少ないほうじゃないかな、と思います。)

あくまでも私の場合は10人だったということで

もっと少なくても十分稼げる人はいるでしょうし

もっと多い方がいい方もいるかもしれません。

要は「たくさん人に会わなければ稼げない」というのは幻想でしかなく

「田舎には人がいないから稼げない」というのはある種の便利な言い訳なんだな、と

今となっては思います。



とはいえ、起業初期の頃はそんなこと分かりませんから

「人に会いに大阪や名古屋に行かなきゃ!」とか必死になっていたわけですよ(^_^;)

でも仕組みについて学んだ今は

「そんなにジタバタしなくても自分で仕組みを構築していけば大丈夫」という確信があります。

今思うのは

「在宅ワーカーには在宅ワーカーなりのやり方があるんだな」という事です。

あちこち必死にバタバタと動き回らなくても

毎日必死にコメント廻りしなくても

仕組みをコツコツと構築していけば収入に繋げていくことができます。

私は読書が趣味で年間200~300冊くらい本を読んだり

ネットで情報を集めたりしているのですが

自分に合う方法を選択することって本当に大事だなと日々感じます。

セミナーやコンサルに参加して成果が出せなかった時、

「あの講師は詐欺だ。」とブログなどで平気で投稿している人がいますけど

そもそも自分に合わない内容だったんじゃないですかね?

(本当に詐欺ならそれはそれで問題ですが。)

講師もコンサルタントも万能神じゃありませんから

相手の状況を100%理解してアドバイスをするのは困難だと思いますし

「私はあなたの全てを理解している!」なんて言う講師やコンサルタントって

なんか気持ち悪くないですか?(^_^;)

(そう思うのは私だけ?)

これは「講師やコンサルタントの能力が低くても仕方がない」という意味ではなく

「講師やコンサルタントから教わった内容をどう活かしていくかは

結局は自分次第」ということです。

学生が進路指導を受けるならともかく

いい年した大人が他人(講師やコンサルタント)に過剰に期待して

ワーキャーと批判している姿は

なんともしょっぱいな、と個人的に思います。

なんだか田舎ネタから随分と外れてしまいましたが

「田舎だから無理」とか「あの講師はダメだ」とか

環境や他人にうまくいかない理由を押し付けている時間があるのなら

もっと自分に合った方法を見つけていくことに集中する方が

よほど生産的に時間を使って利益に結びつけていくことができるようになりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする